スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回ゼロネット245構築戦大会結果報告

続きまして、第8回の大会結果報告です。

優勝:オコゼさん 【青緑スティングフィッシュ】

ユニット
《オーガキャプテン》*2
《七つの海の王子》*2
《断裂の魔氷クレバス》*1
《ギガント・スティングフィッシュ》*3
《大陸アルドのマーメイド》*1

ベース
《まぼろしの船着場》*3
《海底都市中央銀行》*3

ストラテジー
《できることを一つずつ》*1
《再改造手術》*3
《ダークサイド・ソウル》*2
《不運の始まり》*3


ユニット
《妖魔の薬剤師》*3
《妖魔の錬金術師》*3
《嘘をつくフェアリー》*2
《精霊使いアキロ》*3

ベース
《刀匠の穴蔵》*2
《禁断の地の果実》*3

つばさの勝手なコメント:
オコゼさんが独自に研究していらっしゃる、青緑のスティングフィッシュデッキ。
スティングフィッシュが刀匠ユニットのサポートを受けて、盤面のユニットを次々と踏み潰していくデッキです。
スティングフィッシュの相方として、まぼろしの船着場と、それを有効に活用するための軽量ドローソースが大量に投入されています。
またピンで投入されているクレバスが、スティングフィッシュじゃどうしようもないプラチナなどを処理するようです。デッキタイプ的に入っていることが予想されづらいのもポイントですね。

★オコゼさんへのインタビューコーナー★

Q:刀匠デッキっぽいけど、刀匠は2枚なんですね?
A:あくまで船着場がメインなのでそうなっています。刀匠と場所の取り合いをしてしまうので。

Q:禁呪の構成が特徴的ですが、どのように決めたのでしょう?
A:まずプラチナを処理できるクレバス1が確定で、テーマ的に錬金3必要で、王子は2枚は欲しくて、残りは軽量ドロソのダサソ2、といった感じです。魔剣の勇者は出しづらいので入れていません。

Q:コックハワードを入れてみたくなってしまうんですが、どうなんでしょう?
A:ハンドがきついデッキなので、隊列決まるまでキープしなければいけないコックはきついですし、もってくるユニットがいないので入れていません。

Q:こんなデッキにはこう立ちまわる、みたいに意識することはありますか?
A:白黒プラチナなどのコントロールデッキには嘘をつくフェアリーやアキロをにぎって、スティングフィッシュも埋めますね。

オコゼさん、ありがとうございました!

準優勝:清書さん 【青緑ファッティ】

ユニット
《断裂の魔氷クレバス》*2
《アイスドラゴン》*1

ベース
《リサイクルセンター》*2
《産卵科病棟》*3

ストラテジー
《再改造手術》*3
《不運の始まり》*3


ユニット
《妖精竜スターフルーツ》*1
《悪戯するフェアリー》*3
《大巨人ゴッドファーザーJr.》*2
《大巨人ウートガルザ・ロキ》*3
《神を討つ魔剣の勇者》*1
《新生獣V・ヴァナジオン》*3
《精霊使いアキロ》*3

ベース
《枯れ果てた大樹》*1
《妖精の社交場》*3
《大地の緒》*2
《大巨人の盾》*2

ストラテジー
《囚われの貴婦人》*2

つばさの勝手なコメント:
緑でエネルギーを増やし、青で手札も増やす。なんでもできると噂の青緑ファッティです。
産卵クレバスや、大地の緒で状況によってユニットを使い分けることによってあらゆるデッキに対応することができるでしょう。
特にアイスドラゴンと大地の緒が組み合わさると、大量の大型ユニットがリリースインするという必殺技も。
総合的なデッキパワーは環境トップのデッキだと思われます。

★清書さんへのインタビューコーナー★

Q:スターフルーツの使い勝手はいかがですか?
A:この枠はムスプルヘイムや融解などを試して、活躍しなかったため、決定力が欲しくなり、投入しました。
またこれからクレバスを出せばビートには勝てると思ったのもあります。しかし、実戦ではあまり決まりきっていませんでした。

Q:青の軽量ベースとして、リサイクルセンターが入っていますが、サイバーワールドという選択肢もあるとおもいますが、どうでしょう?
A:試しました。サイバーワールドよりも、序盤の安定感を意識してリサイクルセンターを採用しています。悪戯で割ってメリットがあることが大きいです。

Q:不運の始まり3は、やはりビートダウンを見ているのでしょうか?
A:はい、ビートやキーマの覚醒を妨害することを意識しています。

清書さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

第7回ゼロネット245構築戦大会 結果報告

またしても遅くなってしまいました。すみませんでした(土下座)。
 
優勝 にんじんさん 【赤緑コロボックル】

ユニット
《祭儀の踊り子リムセ》*2
《海の守り手アトゥイ》*2
《光の勇者マキリ》*2
《光の巫女ホリプパ》*3

ベース
《難攻不落の城塞》*3

ストラテジー
《ニトロ・カタパルト》*1


ユニット
《悪戯するフェアリー》*3
《新生獣V・ヴァナジオン》*1
《ウツロイ・ドリアード》*3
《大陸アルドのキメラ》*3
《命の歌声シュシュ》*3
《精霊使いアキロ》*1

ベース
《枯れ果てた大樹》*1
《妖精の社交場》*3
《禁断の地の果実》*3

ストラテジー
《魔光合成》*3
《バニー・フラッシュ》*3

つばさの勝手なコメント:
赤緑のコロボックルビートですね。
やはりVシュシュから出てくるマキリやアトゥイ、リムセ、ホリプパによる速攻は強力。
にんじんさんのレシピでは社交場、悪戯、魔光合成などでエネルギーを増やしてより速く、多く動くことを意識しているように見受けられます。コロボックルの強みを生かした構築となっていそうです。


準優勝 バソヌさん 【モノクロプラチナ】

ユニット
《なぐさめる人形クラリス》*1
《切りつける人形ノエル》*1
《死霊軍団長ビフロンス》*1
《錯乱時計パニックヴォイス》*1
《幽魔タスヴィーリー》*2
《大陸アルドのサイクロプス》*3

ストラテジー
《毒蛇のひと噛み》*1
《失恋の痛み》*1
《因果律の抜け道》*2
《時空歪曲》*1
《霧の浸食》*2
《肉屋の注文書》*3


ユニット
《アイスドラゴン》*1


ユニット
《監督官マイア》*1
《シェカラート》*1
《ロイヤルクラウン・ナイト》*2
《鳴り響く斧の乙女》*1
《プラチナドラゴン》*1

ベース
《電脳神の聖地》*3
《クリスタル・コロニー》*1

ストラテジー
《聖なる遺志》*3
《覇王の雷》*1
《ピースブリンガーの聖句》*1
《信頼の証》*3
《天使たちの歌声》*2

つばさの勝手なコメント:
第3回でも優勝されていたバソヌさんのモノクロプラチナです。
前回と比較すると、毒蛇のひと噛みの追加、天使たちの歌声の増量、クリスタルコロニーの追加が目立つところでしょうか。
やはりバソヌさんのプラチナデッキは、環境の変化にピン刺しのカードを差し替えていくことで対応しているようですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。