スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/31(土)第1回ゼロネット245全最制限大会 結果報告

8/31(土)に開催した初の245全最制限のゼロネット大会の結果報告です。
たくさんのご参加、ご観戦ありがとうございました!
今回は上位者二名のデッキレシピとインタビューと、全体のデッキ分布を記載します。

1位 Fireさん 【黒単コントロール】 禁呪:4

ユニット
《墓堀公クローゼ》*3
《微睡む人形スージー》*3
《調整体ノゼ》*3
《ディドゥルチャージ》*3
《アルカード伯爵》*2
《愛撫の魔煙フェザー》*3
《メロー・カード》*2
《闇の天使アポカリプス》*2
《幽魔タスヴィーリー》*3
《突き刺す人形シェリー》*3

ストラテジー
《人形遣いの休息》*3
《破滅の刻印》*1
《ナイトメア・ウインク》*3
《絶対的終身雇用》*2
《霧の浸食》*3
《肉屋の注文書》*1

つばさの勝手なコメント:
墓地除外のアキロがいなくなったことにより、一気に環境トップに躍り出たスージーを主軸とした黒単コントロールデッキですね。
また環境全体のスピードダウンによってコントロールデッキがかなり戦いやすくなったことも追い風といえそうです。
さらに、黒単というデッキタイプ全般にいえることですが、禁呪を多く使わなくても十分に戦えることも強みです。
ただ、状況によってどのユニットをどのカードで対処するかといったことや、クローゼの関係で墓地の一番上のカードの維持など、ゲーム中に意識することが多く、多少プレイングに慣れが必要かもしれませんね。

★Fireさんへのインタビューコーナー★

Q.「この環境でこのデッキを選んだ理由は?」
A.「アキロやアイスドラゴン、パニックヴォイスがいなくなったことにより、黒単よりもアドバンテージをとるカードがほとんどないからですね」

Q.「どうしてこの禁呪選択(アポカリプス2、破滅の刻印1)になったのでしょう?」
A.「アポカリプスは二枚ないとビートが止められないので必須です。破滅の刻印については趣味ですw
もともと黒単コントロールは破滅の刻印ありきで組んでいたので、その名残を残している感じ。あと、現状禁呪が余っているので、ピン刺ししておけばぶっぱ出来るタイミングがあるかなと」

Q.「コントロールデッキ相手にはどのように立ち回るのでしょう?」
A.「コントロール相手には、ディドゥルチャージや霧の侵食、クローゼとフェザーでビートに回ります」

Q.「シルバーワイズやヨツビシといった墓地焼きが流行り始めて、スージーは厳しいように思えますが、どのように感じていますか?」
A.「スージーがなくても、ビート相手ならばアポカリプスがあればゲームは作れますので、なんとかなるかなと思います。あと対策としてナイトメアウインクを3積みしているので、よっぽどタイミングがよくないと刺さらないですね」

Q.「このデッキはAデッキですか? それともBデッキ?」
A.「今のところAデッキのつもりです。黒単は試合に時間がかかるので、Bデッキにしてしまうと決着がつかないまま負ける可能性があります。私は現状の黒単に自信があるので、最悪Bで引き分けても、Aデッキで確実に3点を取りたいと考えています」

Q.「相方のデッキは決まっていますか?」
A.「決まっていないですね……。赤青急襲、赤緑神龍、青単覚醒と、いろいろ考えていますが、まだ絞りきれていないです」

Fireさん、ありがとうございました!



2位 清書さん 【青単隊列】 禁呪:6

ユニット
《雫の魔氷ドロップス》*3
《サンダーイーグル》*2
《ネイビー・スピリット》*2
《七つの海の王子》*3
《黄金の海の魔女モニカ》*3
《建材商人カイト・マシュー》*3
《B-tan博士》*3
《建築家スラシュ・ライト》*3
《星降る海の魔女アナ》*3
《大陸アルドのマーメイド》*1
《大陸アルドのウンディーネ》*3
《シニスターマインド・スピリット》*3

ストラテジー
《ダークサイド・ソウル》*3
《侵略者の一撃》*3


ユニット
《カオスビースト・ホウオウ》*2

つばさの勝手なコメント:
アトロシティアトラスやコックハワード、神を討つ魔剣の勇者など、強力な主軸となるカードを失い弱体化したものの、それでもなお環境トップのスピードを誇る青単隊列ビートです。
相変わらず早い段階でサイズの大きいユニットを出して盤面を制圧し、勝ちを目指すというのがコンセプトになります。
ただし、有利な盤面を作ったあとに、それをひっくり返されると、どうにも逆転しづらいこと、そしてエネルギーを縛ることができなくなり、実際に盤面がひっくり返されやすくなったことが前環境との違いといえそうです。

★清書さんへのインタビューコーナー★
Q.「この環境でこのデッキを選んだ理由は?」
A.「実はすでに一つデッキは決まっていて、その相方がまだ決まっていなくて、いろいろ試しているところなんですよ。それで今回は青単を使ってみようかなと」

Q.「ずばり、相方のデッキは?」
A.「それは、筑波最強決定戦が近いので言えませんw」

Q.「このデッキはAデッキですか? それともBデッキ?」
A.「Aデッキには黒単が多いと思っているので、黒にあたらないためにBデッキにしようと思っています。黒単には相性が悪いので」

Q.「どうしてこの禁呪選択(王子3ダサソ3)になったのでしょう?」
A.「一撃を有効に使うためにダークサイドソウルは必要で、また王子は青単の強みで、ビートダウン相手にはすごく強いので採用しました」

Q.「どうしてこの隊列の枚数比(ビッグアイ2、バックスラッシュ3)になったのでしょう?」
A.「そもそも最初はビッグアイを採用していなかったんですが、やっぱりスマッシュ2のユニットは必要だなと感じて採用しました。バックスラッシュの方が多いのは、展開のしやすさが大きな要因です。ビッグアイを狙ってユニットを展開する場合、ユニットを前進させて、その後ろにユニットを展開する必要があるんですが、バックスラッシュであれば、まずは展開してから前進することができるので、展開しやすくて、決めやすいんじゃないかと思ってバックスラッシュを優先しています。速さを求めた結果ですね」

Q.「サンダーイーグルやホウオウなど、前環境では見なかったカードが採用されていますが、使い心地はいかがでしょう?」
A.「サンダーイーグルはツイッターに上がっていたデッキレシピを見て、『こういうのもあるのか』とパクってみたのが採用の経緯なんですが、使ってみるとなかなかやりますね、こいつ。やっぱり隊列を決めるにあたって、ユニットに妨害されづらく、移動しやすいユニットとして重宝します。
ホウオウについては、実際に使われてみないとわからないですが、バーミリオンハンターに焼かれないパワーで、頼もしいとは思います」

Q.「プラントのようなベースを使うデッキが流行ってきていますが、マーメイドの枚数は増やしたりする予定はありますか?」
A.「そうですね、実際に本番使うとしたら2枚になると思います。スペースないんですけど、どうにかいじって増やさないと辛そうなので」

清書さん、ありがとうございました!




また、今回参加された方々が使用されたデッキタイプにどんなものがあったかというのをご紹介します。


【黒単コントロール】(禁呪4):1名
【青単隊列】(禁呪6):1名
【赤緑ファッティ】(禁呪6):1名
【赤単融解】(禁呪6):1名
【赤単プラント】(禁呪6):1名
【青緑刀匠】(禁呪10):1名





別件になりますが、先日より、ミヤマコさんとディメンション・ゼロのメールマガジンを発行しました!
ぜひまだ登録していない方は、下のページをチェックしてみてください! 今ならバニーフラッシュがもらえるチャンス!


ディメンション・ゼロ メールマガジン





スポンサーサイト

第8回ゼロネット245構築戦大会結果報告

続きまして、第8回の大会結果報告です。

優勝:オコゼさん 【青緑スティングフィッシュ】

ユニット
《オーガキャプテン》*2
《七つの海の王子》*2
《断裂の魔氷クレバス》*1
《ギガント・スティングフィッシュ》*3
《大陸アルドのマーメイド》*1

ベース
《まぼろしの船着場》*3
《海底都市中央銀行》*3

ストラテジー
《できることを一つずつ》*1
《再改造手術》*3
《ダークサイド・ソウル》*2
《不運の始まり》*3


ユニット
《妖魔の薬剤師》*3
《妖魔の錬金術師》*3
《嘘をつくフェアリー》*2
《精霊使いアキロ》*3

ベース
《刀匠の穴蔵》*2
《禁断の地の果実》*3

つばさの勝手なコメント:
オコゼさんが独自に研究していらっしゃる、青緑のスティングフィッシュデッキ。
スティングフィッシュが刀匠ユニットのサポートを受けて、盤面のユニットを次々と踏み潰していくデッキです。
スティングフィッシュの相方として、まぼろしの船着場と、それを有効に活用するための軽量ドローソースが大量に投入されています。
またピンで投入されているクレバスが、スティングフィッシュじゃどうしようもないプラチナなどを処理するようです。デッキタイプ的に入っていることが予想されづらいのもポイントですね。

★オコゼさんへのインタビューコーナー★

Q:刀匠デッキっぽいけど、刀匠は2枚なんですね?
A:あくまで船着場がメインなのでそうなっています。刀匠と場所の取り合いをしてしまうので。

Q:禁呪の構成が特徴的ですが、どのように決めたのでしょう?
A:まずプラチナを処理できるクレバス1が確定で、テーマ的に錬金3必要で、王子は2枚は欲しくて、残りは軽量ドロソのダサソ2、といった感じです。魔剣の勇者は出しづらいので入れていません。

Q:コックハワードを入れてみたくなってしまうんですが、どうなんでしょう?
A:ハンドがきついデッキなので、隊列決まるまでキープしなければいけないコックはきついですし、もってくるユニットがいないので入れていません。

Q:こんなデッキにはこう立ちまわる、みたいに意識することはありますか?
A:白黒プラチナなどのコントロールデッキには嘘をつくフェアリーやアキロをにぎって、スティングフィッシュも埋めますね。

オコゼさん、ありがとうございました!

準優勝:清書さん 【青緑ファッティ】

ユニット
《断裂の魔氷クレバス》*2
《アイスドラゴン》*1

ベース
《リサイクルセンター》*2
《産卵科病棟》*3

ストラテジー
《再改造手術》*3
《不運の始まり》*3


ユニット
《妖精竜スターフルーツ》*1
《悪戯するフェアリー》*3
《大巨人ゴッドファーザーJr.》*2
《大巨人ウートガルザ・ロキ》*3
《神を討つ魔剣の勇者》*1
《新生獣V・ヴァナジオン》*3
《精霊使いアキロ》*3

ベース
《枯れ果てた大樹》*1
《妖精の社交場》*3
《大地の緒》*2
《大巨人の盾》*2

ストラテジー
《囚われの貴婦人》*2

つばさの勝手なコメント:
緑でエネルギーを増やし、青で手札も増やす。なんでもできると噂の青緑ファッティです。
産卵クレバスや、大地の緒で状況によってユニットを使い分けることによってあらゆるデッキに対応することができるでしょう。
特にアイスドラゴンと大地の緒が組み合わさると、大量の大型ユニットがリリースインするという必殺技も。
総合的なデッキパワーは環境トップのデッキだと思われます。

★清書さんへのインタビューコーナー★

Q:スターフルーツの使い勝手はいかがですか?
A:この枠はムスプルヘイムや融解などを試して、活躍しなかったため、決定力が欲しくなり、投入しました。
またこれからクレバスを出せばビートには勝てると思ったのもあります。しかし、実戦ではあまり決まりきっていませんでした。

Q:青の軽量ベースとして、リサイクルセンターが入っていますが、サイバーワールドという選択肢もあるとおもいますが、どうでしょう?
A:試しました。サイバーワールドよりも、序盤の安定感を意識してリサイクルセンターを採用しています。悪戯で割ってメリットがあることが大きいです。

Q:不運の始まり3は、やはりビートダウンを見ているのでしょうか?
A:はい、ビートやキーマの覚醒を妨害することを意識しています。

清書さん、ありがとうございました!

第7回ゼロネット245構築戦大会 結果報告

またしても遅くなってしまいました。すみませんでした(土下座)。
 
優勝 にんじんさん 【赤緑コロボックル】

ユニット
《祭儀の踊り子リムセ》*2
《海の守り手アトゥイ》*2
《光の勇者マキリ》*2
《光の巫女ホリプパ》*3

ベース
《難攻不落の城塞》*3

ストラテジー
《ニトロ・カタパルト》*1


ユニット
《悪戯するフェアリー》*3
《新生獣V・ヴァナジオン》*1
《ウツロイ・ドリアード》*3
《大陸アルドのキメラ》*3
《命の歌声シュシュ》*3
《精霊使いアキロ》*1

ベース
《枯れ果てた大樹》*1
《妖精の社交場》*3
《禁断の地の果実》*3

ストラテジー
《魔光合成》*3
《バニー・フラッシュ》*3

つばさの勝手なコメント:
赤緑のコロボックルビートですね。
やはりVシュシュから出てくるマキリやアトゥイ、リムセ、ホリプパによる速攻は強力。
にんじんさんのレシピでは社交場、悪戯、魔光合成などでエネルギーを増やしてより速く、多く動くことを意識しているように見受けられます。コロボックルの強みを生かした構築となっていそうです。


準優勝 バソヌさん 【モノクロプラチナ】

ユニット
《なぐさめる人形クラリス》*1
《切りつける人形ノエル》*1
《死霊軍団長ビフロンス》*1
《錯乱時計パニックヴォイス》*1
《幽魔タスヴィーリー》*2
《大陸アルドのサイクロプス》*3

ストラテジー
《毒蛇のひと噛み》*1
《失恋の痛み》*1
《因果律の抜け道》*2
《時空歪曲》*1
《霧の浸食》*2
《肉屋の注文書》*3


ユニット
《アイスドラゴン》*1


ユニット
《監督官マイア》*1
《シェカラート》*1
《ロイヤルクラウン・ナイト》*2
《鳴り響く斧の乙女》*1
《プラチナドラゴン》*1

ベース
《電脳神の聖地》*3
《クリスタル・コロニー》*1

ストラテジー
《聖なる遺志》*3
《覇王の雷》*1
《ピースブリンガーの聖句》*1
《信頼の証》*3
《天使たちの歌声》*2

つばさの勝手なコメント:
第3回でも優勝されていたバソヌさんのモノクロプラチナです。
前回と比較すると、毒蛇のひと噛みの追加、天使たちの歌声の増量、クリスタルコロニーの追加が目立つところでしょうか。
やはりバソヌさんのプラチナデッキは、環境の変化にピン刺しのカードを差し替えていくことで対応しているようですね。

謝罪と12/8 第6回ゼロネット大会結果報告

すみませんでしたぁぁぁぁ!!(土下座)

早速騒がしくて申し訳ありません。つばさくんはいろいろやらかしてしまいました。
といいますのは、仕事が遅いのもそうですが、6回目のゼロネット大会から実施した、優勝者の方へのインタビューした内容をメモした紙を紛失(7回目のも)
すみません、すみません……。大体おっしゃっていたことは記憶しているのですが、もしかしたらありもしないことを書いているかも。ご了承くださいませ。

優勝 オコゼさん【青黒産卵科アイス】

ユニット
《鋼炎龍ムスプルヘイム》*1


ユニット
《なぐさめる人形クラリス》*3
《大陸アルドのサイクロプス》*3

ストラテジー
《琥珀の牢獄》*3
《失恋の痛み》*3
《肉屋の注文書》*3


ユニット
《ジャック・オー・フロスト》*3
《大陸アルドのマーメイド》*3
《アイスドラゴン》*3

ベース
《産卵科病棟》*3
《海底都市中央銀行》*3

ストラテジー
《ダークサイド・ソウル》*1
《不運の始まり》*3
《サイバー・チェイス》*2


ユニット
《機械竜ラルゴ》*3


★優勝者オコゼさんへのインタビューコーナー★(うろ覚え)

Q.どうしてこういった構築になったのでしょう?
A.アイス使ってワンショットしたら強いんじゃないかと思い構築しました。

Q.9ターン耐えてサイクロプスで9コスドラゴン出すタイプはどんな印象ですか?
A.遅いと思ったので、早い段階で勝負を決められる構築にしてみました。

Q.アイスで出すユニットにラルゴを選んだのは何故でしょう?
A.前進効果で詰めやすくするのはもちろん、プラチナを踏むことが出来るのでラルゴを選びました。

Q.アキロが3枚使える環境だとこのデッキはどうでしょう?
A.一枚できついので、かなり苦しいと思います。

オコゼさん、ありがとうございました!

つばさの勝手なコメント:
産卵科病棟とアイスドラゴンを用いたワンショットキルを目的としたデッキです。
従来のアイスデッキと比べ、必要なパーツは多いものの、こちらは9ターン目より早い段階でコンボをスタートできるのが強みですね。

2位 次郎さん 【青単】

ユニット
《サンダージャッカル》*2
《シェル・ドーニー》*2
《蒼流星ストームドライブ》*3
《七つの海の王子》*3
《蒼王星キングトライデント》*3
《醸造商人プラヴァ・ビル》*3
《香魔マナカ》*3
《ローグ・ロングホーンビートル》*3

ベース
《海亀が旅立つ港》*3
《魔王の三角海域》*3
《電脳魔方陣》*3

ストラテジー
《タートルシップ・ソウル》*3
《再改造手術》*3
《ゲーム・オーバー》*3

つばさの勝手なコメント:
次郎さんは久しぶりにD0に触るということで、第1回の準優勝者、モリエルさんの青単のコピーデッキ。
正統派なビートダウンでありながら、手札の使い方が重要となりそうなデッキでしょう。

11/10 ゼロネット245構築戦大会 結果報告

11/10に行われたゼロネット大会の結果報告です。
掲載が遅れて申し訳ございません。
大会の配信には50名ほどの方がご覧になってくださいました。ありがとうございました。

1位 ミヤマコさん 【白単】

ユニット
《牢獄を守る獅子》*2
《ノックアウト》*2
《ミラーコーティング・ペガサス》*2
《ブル・ショット》*3
《聖騎士ホーリー・クレイモア》*3
《忠実なる闘士フェンリル》*3
《ワーキシー・ナイト》*3
《シェカラート》*3
《ワード・エイト》*1
《聖騎士ホーリー・レイピア》*2
《光の天使ピース》*1

ベース
《タクティクス・グラビティ・フィールド》*2
《ソーラービーム・サテライト》*2
《クリスタル・ストロングホールド》*3

ストラテジー
《ボーイ・ミーツ・ガール》*2
《白銀の衝撃》*3
《信頼の証》*3

つばさの勝手なコメント:
D0らしいD0ができると評判の白単ビートダウンです。
245構築になって呼び声の数が増えたことが大きな変化でしょうか。
エネルギーがシビアな白単にとってこの変化は大きなものといえそうですね。

2位 弥七さん 【青単ABモード】

ユニット
《粉雪の魔氷パウダースノー》*3
《海底都市の魔女》*3
《エビライダーABモード》*3
《七つの海の王子》*3
《B-tan博士》*3
《静寂の魔女レギニータ》*2
《香魔マナカ》*3
《ローグ・ロングホーンビートル》*3
《シニスターマインド・スピリット》*3

ストラテジー
《がんばれ、ちびっ子探偵団》*3(ゼロカード)
《探偵団vs女幹部》*2(ゼロカード)
《ダークサイド・ソウル》*3
《侵略者の一撃》*3
《紺碧の衝撃》*3

つばさの勝手なコメント:
衝撃やら一撃で海底都市の魔女がユニットの出るところに飛んできてABモードが出現するデッキ。
……なんですが、一部3rdのカードが混ざっていたため、そちらをゼロカードとして扱ってもらうことに。
しかしそれでも堂々の2位となっているのは弥七さんの実力故でしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。